ちいさな、世界

私の頭の中の宇宙

今日は頑張ったということ

週末に家族旅行の予定が入っているのだが私はなんの準備もしていなかった。本当に全く出来ていなかった。

なぜなら部屋の中に物があまりにも多すぎるからだ。物の山から旅行かばんを掘り起こさなければならないし、足の踏み場はあっても床にもっとスペースを作らなければ荷造りができないような状態だった。

日にちが迫ってきて、さすがにそろそろまずいなと、とにかく出しっ放しの物をあるべきところへ少しでもしまおうと決心して、今日は3〜4時間ほど頑張った。結果として、かばんも見つけられたし荷造りも始められた。部屋が綺麗になったわけではないし、物を減らしたわけでもないが。それでも、空間が広がった部屋を見て、なんとなく心も広くなったような気もした。

今日の頑張りは、昨日まで何もしたくなくて布団の中でひたすらダラダラと過ごしていたのが嘘だったみたいだ。やる気が出なくても、腰が重くても、手をつけてしまえば動き出せる、とどこかに書いてあったことを実感した。あとは好きな音楽を流しながらテンションを上げて取り組んだのも正解だったのかもしれない。

いままで自分がうつ状態であるのを理由に、無理に何かをしなくていい、何もしなくてもたぶん誰にも責められない、それにたぶんまだ時間はある…などと甘えていた面があったかもしれない。いや、あったと思う。

しかし今日頑張れたからといって、本調子ではないので、多少の甘えを悪いことだと思いたくない。それに、そういう時間と過ごしたからこそ今日頑張ってみてよかったなぁと思えるのは、良いことだと思いたい。

準備は完了したわけではないので、明日も頑張りたい。主に身だしなみとか。きっと頑張れる。たぶん頑張れる。