読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちいさな、世界

私の頭の中の宇宙

将来-1

子どもの頃から絵を描くことが好きだった。小学生の頃はキャラクターグッズを集めるのが大好きでかなり魅了されていた。自分で作ったキャラクターを友達に見せびらかして喜んでもらえたら満足していた。好きなことを仕事にしたいから将来はイラストレーターになりたいと思っていた。

中学生になると様々な漫画に触れる機会が増え、自分でも漫画イラストを描くようになった。漫画は描けないが、好きな漫画の模写やファンアートをするだけで楽しかった。受験シーズンが近付くと地元の普通科高校へ見学に行き、そこで何故かここの美術部はいいところだ!と思い込んだ。そしてとりあえずはここへ行けばいいやと安易に志望校に決めた。より専門的に学べるであろう美術科の高校やその先の大学までの進路は全く頭になかった。しかし受験勉強に身が入らないまま試験を受け、結果は不合格。

滑り止めで受かっていた私学高校へ入学し、そこで美術部に入った。文芸部などにも兼部で所属したが、それらの部活に限らず、意外と美大への進学を考える同級生は多かった。同級生たちがスキルアップに励む姿と自分の温度差を感じた。私は周りのように頑張れるんだろうかと疑問を持った。私はいつも自分が描いて楽しむためだけに活動していた。

やがて付き合い始めた相手に流されて、絵の活動をするよりもその人と楽しく過ごすことを優先してそれしか考えなくなってしまった。

そんな中でも転機があり、全く異なる分野の大学を目指すことになるのだが、前述した通り私は一度受験に失敗している。ここでまた失敗してはいけないと、補講(進学者向けの受験対策講座)に出席することにした。ここでもやる気満々で勉強をする同級生たちとの温度差を感じた。私は勉強はそんなに好きではなかった。やりたくなくてサボってしまうこともあった。

学力面で確実に頑張れるという自信はなく、親にも発破をかけられたので、他の方法での受験にも挑戦しようと思い、まずはAO入試から受けることにした。これが上手くいき、受験シーズンでは早めの時期に大学に合格することができた。その後のセンター試験は記念に受けるような形で行ってきた。結果がどうなってもすでに合格があるから怖くない、と怠惰でやる気のない私の受験は終わった。

 

(続く)