ちいさな、世界

私の頭の中の宇宙

いちばんうるさいのは自分

休職を指示されてから3週間が経ってしまった。

少し前の記事で書いたが、何日も寝付きが悪く睡眠の質も良くなかったので、先日の通院時に先生に話した。

すると睡眠導入のための薬が出た。

私は薬を常用していない。

去年通院を始めた日には2種類の薬を貰っている。普段の生活の中で不安になったとき、精神的な理由で吐き気が起こったときに飲むための薬だ。それらはそういう状態になってしまったときにしか飲まないし、そもそも必要になるときはそう多くはなかった。

今年に入って休職して、しばらくは身体も頭も休めているはずなのに、なぜか薬が更に必要になっていく。

睡眠薬を飲み始めてから夜は眠れるようになった。いいことだ。ちなみに前に書いた朝から午前中にかけて落ち着いて眠れることは、病院の先生には家族が外出して気が抜けるからだろうと言われた。それに関係なく夜も眠れるようになってよかった。

なのに、そんな自分のいまをあまり受け入れられない。あまり薬に頼りたくないのもあるけれど、いちばんは自分の状態、状況に追いつけられないのだ。

ここ1週間ほどで怒りの感情が強くなった。会社のことは勿論、去年別れた人のこと、その前に別れた人のこと(この人たちは一方的に別れ話をしてきたので納得できなかった)、あとはあまり理解のない家族のこと、何よりも上手くできない自分のこと。考えたくなくても自然と浮かんでくる。その度に苛ついて、頭の中のモーターが回り始める。そのせいなのか、頭痛や後頭部に違和感が出るようになった。頭に血がのぼるというのはこれなんだろうか。

早くどうにかしたくてネットで様々なワードを入れて検索してしまう。

怒りを捨てるためには許すこと、という言葉がよく出てくる。私はこれを上手く理解できない。許せるなら許したい。でも許せない。なんで、どうして、とばかり思う。過去に囚われやすいのは昔から自覚していた。過去を思い出して、考えるほどに怒りも悲しみも混ざり混ざって、最近は憎しみのように感じる。より酷くなった。憎くて相手に罪悪感を持ってほしいと思うときもある。それが叶ったとしても自分のこころが治るわけではないのはわかっているので虚しい。

感情を書き殴るノートもよい、とも見かける。しかし私はペンで文字にして書き表すのがなんとなく嫌だ。ノートを汚すのが嫌だからかもしれない。最近は自分の中に潔癖っぽさも感じている。あとは頭の中にあるものを具現化するとその感情を認めざるを得ないから?そのわりにはSNSなどには書き込んでしまう。特にツイッターは長い間使っている分書きやすさもあるし、携帯さえあれば何処でも書けてしまうからだろうか。けれどそこでは友人が見ているし、自分で吐き出すまでに留めるのならノートに移行した方がいいのかもしれない。このブログは知り合いの誰も見ていないからある程度は書ける。身バレは避けたいのである程度しか書いていないが。

あとは認知行動療法をした方がいいと思っている。就活に苦戦して気分の下がっていた時期に自分でやる認知行動療法の本を買っていて、いまも部屋にあるが、買ったときからとにかく手につかない。ページを開いて読み始めても、途中で嫌になる。これも自分のこころと向き合って認めるのが苦痛だから?

ここに何を書きたかったのかわからなくなってきているが……気持ちをノートに書くのも嫌で、認知行動療法もできないのに、怒りを抑えられなくて、イライラして、それを無視するためにひたすらドラマを観たり寝たりしてやり過ごすのは、もうそろそろ辞めたいなと思っている。やりたいことをやる意欲は戻ってきて、趣味も少しずつやれているので、多少はよくなってきているのかもしれない。この調子でノートでも認知行動療法でもできたらいいのに。

明日は月曜、また1週間が始まる。会社のことを思い出して嫌だなと思うより、これからどうしようと考えて嫌になる。病院の先生はまだ考えなくていいと言ってくれるけれど、今年が始まってもう2月に入ってしまった。自分のこころにも追いつけられないし時間の流れにも追いつけられない。全部私が追いつくまで止まってくれたらもっとよくなるかもしれないのになと思ってしまう。

あれが嫌だこれも嫌だ、許せない悲しい苦しい、謝ってほしい、私はああしたいこうしたいと、いちばんうるさいのは自分だということが書きたかったので、タイトルは後付け。

 

昔の方がよっぽど文章を書くのが上手かったと自負できるので、その能力に早く戻ってきてほしい。