読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちいさな、世界

私の頭の中の宇宙

うつ状態と診断され休職することになった

身バレが怖いので具体的なことはなるべく書かない。

 

数年前からパニック発作が起こるようになった。

昨年はより酷くなり心療内科へ通うようになった。

これについては独立した記事にしようと思っていていまも整理をしているところだ。

していると言っても、自分に向き合うことはなかなか容易ではなくて、休み休み書き足している。

 

それとは別の問題として、会社を辞めようと思っていた。

ずっと前から、上司にはいつ退職のことを相談しようか、始めになんと声を掛けよう、もし引き止められてしまったら私はきちんと断ることができるだろうか…などと考えていた。

年が明けてからも頭を悩ませていた。

 

先日の通院のとき、担当医に休職しなさいと言われた。

突然のことで驚いた。

うつ状態との診断だった。

自覚が全く無く、他人事のようである。

今は仕事を休めないと言って担当医に叱られた。

なぜ叱られるのかもよくわからない、患者の多い日だったから私がデモデモダッテと時間をかけたことでイライラしたのではないかと思うくらい。

 

会社は辞めたい。

それは本音だ。

でも私の精神状態とは関係ないのでは?

どうしてもそう考えてしまうのだが、考えれば考えるほどに頭の中がぐるぐるとしてきてしまう。

 

頭が回らない。

そう思うと、確かに、私はうつ状態なのかもしれない。

 

ここまで書いてみたが、感じるのは文章をまとめることができないということ。

普段からツイッターでくだらない内容で呟きをしているがそれもままならないことが多い。

自分でも何が言いたいのかわからない文章になって混乱する。

読み返してもどこが書き直したいかよくわからない。

誤字や変換間違いなど、いままでなら注意できていたのに、できなくなったことも増えた。

 

いままでできたことができなくなるのは怖い。

担当医に従って休職することにはなったが、本当に良くなるのだろうか、という心配がずっとついてくる。

 

休職中はなるべくブログを書いて、経過を記録していきたい。

とはいえこれを書いているいまも頭がぐるぐるとしていて気分が悪くなってきているので、できる範囲でやっていきたい。