ちいさな、世界

私の頭の中の宇宙

続きを書きたいのに書けない話

誰が見ているのかわからないような場所で自分の恋愛について書くのも正直どうかなと思いつつ…

いま、iPhoneのメモ帳に下書きを保存して少しずつ書き進めている。

とりあえず書き出してみてはいるものの、あまりにもまとまらない。

いちばんの要因は自分の過去を見つめ直して整理するのが案外難しいということ。

書いているうちにだんだん書きたくないと感じる。

自分が勝手に書いているだけだし、書かなければいけない義務なんてないが、いまやっておかないと書き残したいことを忘れそう。

普段からあれこれ考えるのに、それを残す癖がないので本当にすっかり忘れる。

たまにツイッターに書くけれども。

何でも書くわけにはいかないし。

失恋して自分のことを見つめ直しているこの機会に、より深く自分を理解しなければならないと考えている。

 

頭の中ではある程度まとまっているのに。

こんなに文章を書くの下手だったかなと思いながら進捗だけ記録。

 

自分では言い出せなかったことを言ってもらった話

を書こうと思ったけれど、なんだか時間がかかりそうなので。

少しずつ書く。

 

付き合っていた人との歪な関係が終わってから今日で1週間が経つ。

次に会える日を心待ちにしていた頃と比べて時間の経過があまりにも長く感じられる。
未来の捉え方によって感じ方もガラッと変わるんだなぁ。としみじみ思う。
明日が来なければいい、なんてことは思わないけれど、いままでのような楽しみのある明るい日はやってこない、それが現実なので、とてもさみしい。

 

とりあえずペアリングをつけるのをやめた。

まだ購入から1カ月しか経ってないのに。

物に罪はないとはいえ、相手の気持ちがもう入っていない、バカバカしい刻印入りの指輪なんてつけていられない。

その代わりに自分でもっといい指輪を購入した。

あと精神的にグラつきっぱなしなのでパワーストーンのブレスレットも作った。

まだいまは、スピリチュアルとか、物に頼るしかない。

 

書きたいこと、書いてやりたいことはたくさんあったはずなのに、ちっとも言葉にできなくて。
気が付いたらブログを作るだけ作った、みたいな状態になってしまった。

 

私とツイッターのこと

何をやっても三日坊主な私が7年も続けているツイッター

始めてから毎日飽きずに眺めている。

何かしら呟いている。

思い立って日記を書き始めても、毎回断念してしまう。

でもツイッターでの呟きは止まらない。

それが良いことなのかどうかはともかく。

 

ふと思うことがあったので、数回に分けて書き残しておきたい。

 

 

 

始めたきっかけは忘れてしまったけれど、2009年。

最初はガラケーを使っていた。
たしか、モバツイさんにお世話になってたと思う。

当時大学生の私はオタクで腐女子だった。

 

絵を描くことは好きだったが別に上手くはない。

シャープペンシルでざかざかと描いただけの、自己満足の落書き程度。

ツイッターにアップしたところであまり褒めてもらった覚えはない。(笑)

どちらかといえば他人の絵や小説でときめいているタイプの腐女子だった。

好きなキャラクターの絵を描く人をフォローして感想を伝えたり、他の媒体で知った人のアカウントをフォローしたり。

好きなものが同じ人たちとのコミュニケーションがメインだった。

そういう活動を何と呼ぶのかわからないが(読み専?)、まったりとしたオタクライフを送っていたと思う。

 

2011年、東北で震災が起きて、ツイッターは情報ツールとして活発に使われるようになった、と思う。

(記憶だけで書いているので、もしかしたら思い違いがあるかもしれない)

(当時のログが流れてしまっているため確認ができない)

 

私は別地方に住んでいるので全く被害がなかった。

ツイッターで回ってくるRTを見て、この情報を拡散していかねば、とたくさんの情報をRTした。

それまで私はRT機能を使うことはあまりなかったし、見かけることもそう多くはなかったと思ったが、震災を経て、今ではすっかり当たり前の機能となったような気がする。

 

震災から日にちが経ったある日、東北に住むフォロワーさんが「○○さん(私)が声を掛けてくれたおかげですごく安心した」とリプライをくれた。

実は、自分が何と声を掛けたのかは全く覚えていない。

というか何のときにそのリプライを貰ったのかも覚えていない。

けれど、

自分は役に立ったんだなぁ。

とかなり嬉しく思ったことはよく覚えている。

ツイッターで初めて、やっていてよかったと感じた。

 

それまで平和的にツイッターを楽しんでいたと思う。

次の投稿では、最近になって考えるようになったことを書きたい。

 

もしかしたらオチのない話になるかもしれない。 

ブログ始めました

突発的に始めました。

ブログはウン年ぶりのちょう初心者です。

超という字はあまり好きではないので、ちょう、です。

どうでもいいこだわりです。

 

日頃考えている事柄はたくさんあるのに、頭の中だけに留めていてはすぐに忘れてしまう。

なので、それらを書き残すためのブログにしようと思ってます。

 

正直に言うと、ほぼ自分のためのブログです。

文章の練習にも使おうと考えてます。

 

そもそもブログは自己満足で開設した経験しかないので、読者ができるようなほどの状況になったことがないです。

はてなブログの使い方もよくわかっていないです。

初心者なりにのんびり頑張ろうと思っています。

 

読んでくださる方がいたらありがとうございますの気持ちです。

ありがとうございますです。

 

 

* * *

 

 

少し私のことを。

 

学生の頃は二次創作で小説を書いていました。

文章を書くことは好きです。

でも続かないタイプです。書きかけの小説が山ほどあります。

手書きの日記も続けられた試しがありません。

文字を書くという行為だけ取って、続いているものってたぶんツイッターだけです。

 

あとは、レポートは嫌いでした。

大学に入って最初の頃に提出したレポートは書き方がかたくて教授に指摘されました。

レポートの書き方をよくわかっていませんでした。

卒論は自分がやりたかった内容のくせに投げやりに打ち込んだ記憶があります。

終盤はパソコンに向かうのも億劫でした。

 

こうやって書くとブログも続けられるのか怪しいところですが…

せっかくなので頑張ります。

目標はなるべくハードルを低くしたいので、まずは続けるところから。

投稿が止まったら目に見えてすぐにわかるのでいいですね。

なんて呑気に考えております。

 

まだまだ手探りです。

よろしくお願いします。です。